<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2つの黒ルク?!

f0066962_7504564.jpg


ついに新しい車がやって来た。逆輸入のUK製らしい。そしてこの色と言えば・・・
そしてこのナンバーと言えば・・・「ゴーゴールク」なのです。

これからの季節暑いので、黒はちょっと勘弁して欲しかったのですが、この色と
ナンバーに関しては旦那は全く折れませんでした。

前回は青で「コグさん593」だったので、今回は黒で「5569」かなり強引ですが
こうなった訳です。

で、肝心のルクですが、今月の19日に二度目の適正検査に挑みましたが
課題が残りました。それは「どんな環境にも適応出来るか?」
という事です。
ルクは以前も書いたのですが、他の犬に対して猛烈に遊ぼう攻撃なのです。
これは私達がウォーカーをしていた頃からだったので、気にしていたのですが
やはり大きな課題の様です。

後1ヵ月、この課題をクリアー出来る様に訓練をして再度適正を見てから
その後訓練を続けるか、キャリアチェンジするかが決まります。

正直言うとTP1の適正検査で大丈夫だったのも奇跡に思えたほどだったので
ルクとしては十分なのかもしれません。ただ、私は思いのほか落ち込みモード
ルクに対してこんなに思い入れしてしまって、先に進む自信が無くなってしまったのも
事実です。何よりも、ルクを受け入れた時と同じ情熱と愛情を持ってウォーカーを
できるのか?できないなら、やめた方が良いのか?でも、盲導犬を待っている人が
まだまだ沢山居るのに・・いやいや私がやらなくても、誰かやってくれるに違いない。

頭の中で悪魔と天使が未だ戦っている様な状態なのです。

きれいごとだけを言っても、本当のウォーカーの気持ちとしては偽りを
言ってしまう事になるので、本音で書いちゃいました。

ルクは自分達の所に戻ってこられると思っているのだろうか?
犬は上書きの考えだと聞いたけれど、本当なのかな?それならば
新しい場所で新しい生活を始めれば、その生活の中で十分楽しめる。
私達が気にする事ではないし、私達はルクが幸せに暮らせれば、それで
良いのだから・・なんてまたきれいごとを並べてるか〜(汗)

正直言えば、キャリアチェンジになった場合自分の所で一生一緒に
くらせる環境だったら何もこんなに悩む事も無いのにな・・って思うんだよね。
でも、これも、最初から分かっていた事。分かっていた事だけど、やはり気持ちは
生ものなので、変わるんだよね。そこを理性でどうにか納めようと必死なわけです。

ルクはきっと私達夫婦のココロに一番残るパピーになる事でしょうね・・
一号さんだものね(笑)1ヵ月後の結果を待ちましょう!!
[PR]
by go-go-luke | 2007-06-25 16:58

いつでもルク?!どこでもルク?!

f0066962_161577.jpg

梅雨って何だろうねぇ?梅が雨みたいに降って来たら楽しいけど、痛いよねぇ〜

東北地方では梅雨の言葉はまだ聞きません。いつになったらやってくるんだろうな〜太陽の光は気持ちがよくって、洗濯が沢山できるけど、ルクは黒だから熱吸収で、舌がベロンチョだわね・・天気もバランスよく変わってくれると良いよね。

最近は食事の時にテレビが無いのです。というのも、社宅では2階にはテレビのコンセントがあるのですが、1階には無いのです。なので、自然に会話が増えます。悪くないですよ〜。
でも、どんな会話でも、最後には何故かいつもルクの話に結びつくのです(笑)旦那の仕事とルクの話が結びつくか?と思うのですが、上手く結びつく物です。不思議です。

いつでも、頭のどこかにルクがいて、度々顔を覗かせる・・そんな感じでしょうか。
黒いラブを見ればみんなルクに見えちゃうし、直ぐに声をかけちゃいます。怪しい者ではございません。と前置きをした方が良いのでしょうか・・こんな時は。

そうそう、旦那は新車の色を決める時に「ルクが黒だから黒!」と、赤も良いな〜という私の言葉をあっという間にスルーして決めました(笑)今回の主張は梃子でも動かない感じでした。
しかもナンバーなんて・・・おっとこの話は来週にしますね(笑)

そんな訳で、いつでもルク、どこでもルクな我が家です。
[PR]
by go-go-luke | 2007-06-19 16:25

夏はteeの出番です!

f0066962_14421178.jpg


首の短い私にとって、夏の丸首teeはありがたいトップスなのです。
しかも、ざぶざぶ洗えて、バサッと干せるのがありがたいですよね!

前回にも登場したラブラドールのteeと同じぐらいの枚数がある、訓練センターで
売っているtee!これもなかなか可愛いのです。女の子がガイド犬を連れているのは
私が最近手に入れた、このなかで一番古いイラスト(多分・・)色違いがあって
迷っているうちに無くなってしまいました。そして二番目がどれだろう?
赤い派手派手のとピンクの色違い。ちなみに今、カーキ色の色違いを着ていて
他にはネイビーもあります。これ結構お気に入りだったのですよ〜。
そして緑色の後ろ向きラブ!これはラブラドールのお店とコラボレーョンした物です。
そして最新のモデルがワン+ハーネス=盲導犬!ってこの発想がもの凄く
コミカルで見て笑ってしまった。このワンちゃんの素朴な感じも好きです。

この夏は暑くなりそうだし、しかも、社宅にはエアコンという文明の物が無いので
恐らく滝の様な汗との戦いになるでしょう。そうなると、このtee達の出番です。

そうそう!6月には色違いのteeが発売になるとか・・・楽しみだけど、お財布の紐を
きっちりしめないと大変だぁ〜。

ライオンの「風合い〜」っていう洗剤を購入しなくては・・・
[PR]
by go-go-luke | 2007-06-11 14:51

Labrador Retriever Co.,Ltd.

前回書いたラブラドールのお店は色んなメーカーと一緒に置いてある「取扱店」というのも、あるようなので、専門店のご紹介をしますね。

銀座店・横浜店・港北店・ヴィーナスフォート店・イクスピアリ店・オーロラモールジュンヌ店
ステラタウン店・与野店・LALAガーデンつくば店・仙台富谷店・名古屋熱田店・キリオ店
ららぽーと甲子園店・広島ソレイユ店・ホークスタウンモール店・福岡ルクル店・
アミュープラザ鹿児島店

OUTLET
千歳レラ店・ガーデンウォーク幕張店・リバーサイド店・ブロッサム店・マリノアシティー店

以上です。お近くにあると良いですね!!
[PR]
by go-go-luke | 2007-06-09 10:19

帰仙の楽しみ

f0066962_12104819.jpg


今は仙台を離れているが、離れているからこそ仙台の良さが見えてくる事もある。
この街へ来て分かったのは、もちろん色んな物が沢山ある街も大好きだけど、自分は自分自身が小さい頃に生まれ育った場所に風景が近い、今の場所がすっとなじめる気がしたのです。
仙台で言えば、中心から離れている、一面「田んぼ」とか「畑」とか(笑)そんな場所が近くにある場所が落ち着く様な気がします。

そんな環境になじみながらの生活の中、それでも時々行く仙台はとても新鮮です。人ごみには酔っぱらってしまうけど(爆)帰る時は車にETCがついているので、割引時間に高速へ乗る訳ですそうすると、ちょっと早めに着くので、途中「富谷のジャスコ」通称「富ジャス」に寄る訳です。

そこにはスタバもあるし、まるでこれから都会へ挑むために燃料補給する様な気持ちで、久々の、プラペチーノを美味しくいただくのです。そしてもう1つのお楽しみは、ラブラドールのお店に寄る事です。ラブラドールレトリバーのお店ってワンちゃん売ってる訳じゃないっすよ(笑)
服飾とか、勿論ワンちゃん用品もありますが、ワクワクしちゃうお店です。
以前は長町のお店へ行ってたのですが、どうも違う系列の様で、サイズ的にも違うし、取扱商品がこちらの方が断然多いのです。その事実を知ったのは、先日で、愕然としちゃった。どうりで、Tシャツのサイズが同じでも微妙に大きさが違う訳だ!!納得!
ちなみに本家本元のお店って全国でアウトレット含めて22店舗!これもまたちょっと驚きでした。私がこれから転勤の可能性がある場所にはあるかな?なんて思ってしまいましたよ〜。

そんなこんなで、この富ジャスで人もまばらな朝一にじっくりゆっくり見てきました。
そして斜めがけ出来る、少し大きめな鞄と、生成り色のティーを2枚購入しました。そもそも新車にはるステッカーを買いに行ったのに、次いでの方が大きな買い物になってしまいました。ターコイズ色の鞄でざくざく入るのでこれからも、大活躍しそうです。

これからも帰仙の度に覗いてみたいスポットです!!ルン!!
[PR]
by go-go-luke | 2007-06-07 12:30

揺るがない思いと、願い

f0066962_21531886.jpg


ルクの首輪をお願いしていた「いよかんさん」のブログでもある「ゆったりと・・」でも紹介されていた、新聞記事です。いよかんさんのお友達がパピーとして預かっていた「トレイス」は立派に盲導犬として歩き出しました。
韓国『サムスン案内犬学校」生まれのお父さんと日本生まれのお母さんの子供です。

社会的な事で時より「熱い議論を戦わせる」二国ですが、手に手をとって幸せのお手伝いをする事だってあるのです。社会背景を抜きにすれば、私達は協力し合い素晴しい事が出来るのです。

世界中に居るパピーウォーカーの思いは1つなのです。

目の不自由な方が、当たり前に生活が出来る事。行きたいと思う場所へ行き、音で香りで、体全体で何かを感じ取って欲しい。気持ちのいいかせに吹かれながら、ぐんぐん歩いて欲しい。
それが私達の揺るがない思い、そして願いなのです。
[PR]
by go-go-luke | 2007-06-05 22:06