ルク呆然と見送る・・

f0066962_17214876.jpg

シットして待ってたのにぃ~、お友達になりたかったのにぃ~行っちゃったよぉ~

ルクももう1歳になろうとしています。一年であっという間にでっかくなってしまいました。お散歩も、最初は恐々とやっていました。何せ拾い食い大王だったので、リードを持つ左腕が逞しくなってしまいました。(元々逞しいのですが・・・トホホ)しかし、人間の一年とルクの一年では全然違って、あっという間に大人になってしまった気がします。お散歩もだいぶ楽になりました。拾い食いが100%無くなったとは言えません。全く引っ張らないとも残念ながら言えません。
未だに15cmぐらいの枝を見つけると、必死に行こうとします。これまた機嫌によってですが・・。
私の左手が最近朝起きると握れなくなるのは、どうもこのリードを持つ力に問題がある様だという事に気が付いた。30キロが暴走する訳ですから、それを未然に防ぐには、ルクよりも先にルクが誘惑される物を察知して制御しなくてはなりません。あ~自動制御装置があったらいいのにな・・なんていうのは冗談ですが。

しかし、ルクが成長したな・・って思ったのは前から歩いてくるワンちゃんを、シットして待つ。見送る事が出来るようになった事です。
ルクのやる気は相手を見つけた瞬間から始まります。そして相手もやる気満々だった時には・・その後どうなるか察しがつくので、シットさせます。グット!グット!と良いながら、相手を見送ります。上手く「どーもー」なんて言って下さって通り過ぎてくれると、ルクもじーっと見てはいるけど、お尻がアスファルトから離れずに待てます。が!!しかし!近寄ってきて「ジャーキー」なる物を投げて食べさせたりする方も居るので、参ってしまいます。断り上手になりたい!!

ルクはやる気の顔から、段々情けない顔になってこんな感じです・・・。でも、やっぱりこの後に沢山グットと言って体を撫でて「さ!!行こう!」と言うと、グングン歩く。そんなルクに思わず心がコロッとほころぶのです。
[PR]
by go-go-luke | 2006-11-12 17:45


<< パパと似ている?! おさがり >>