パピーウォーカーを決意するまで・・

f0066962_12184499.jpg

ルクはもう直ぐ生まれて7ヶ月になろうとしています。預かってから5ヶ月。とても時間の流れが速くて、とっても寒かった冬の日が懐かしくなるほど、今は蒸し暑いです。私がパピーウォーカーのボランティアに参加しようと思ってから、実はしばらく時間が流れました。それはやはり、1つの命を預かるので、半端な気持ちではできないと思ったのです。それと生活が変る事に耐えられるか・・。そんな時にネットで検索して盲導犬、パピーウォーカーさんのホームページやブログで、その様子を読んでいました。大変だけど、とてもやりがいのある事だと実感していました。所が、一歩がなかなか進めずだったのです。

そんな時に朝のニュースで、白棒を持った方が夕方マッサージの仕事を終え、道路を渡ろうとした時に車にはねられなくなられたニュースを目にしたのでした。もし、盲導犬を連れていたら、こんな事にはならなかったのでは?!
正直そのニュースを見た時に「迷ってる場合じゃない、今やらないでいつやるんだ?」そう強く思ったのです。そこからはトントンと事が運びましたが、委託されるまではちょっと待ちました。その間にフリーランに出かけたり(委託されたパピーが集まる日)先輩ウォーカーさんの育犬日記を読ませていただいたりしながら、楽しく待つことができました。

「一歩一歩」の所にリンクさせていただいたブログは、私がずっと読み続けている先輩ウォーカーさんのブログです。エキサイトの方もリンクさせていただいたブログがあります。パピーウォーカーの生活がとてもよく分かるので、是非遊びに行って見て下さい。

盲導犬が不足しています!全国で約7800人が盲導犬を希望しているのに対して、盲導犬の数は僅か957頭ですどうかこの現実を心の隅っこで良いので、忘れないで下さい。
福祉、福祉と言われているはずの日本ですが、盲導犬はボランティアで成り立っています。国からの援助はありません。平凡で暖かな幸せを送るために
一人でも多くの方にこの盲導犬をパートナーとして、プレゼントさせていただけたら・・そんな思いからパピーウォーカーを引き受ける事にしたのです。
[PR]
by go-go-luke | 2006-06-26 12:49


<< 緊張感・・ ママの下に逃げろ~っ! >>